1. News
  2. セミナー
  3. 第3回【神の恩寵 主の恵み】講和会

第3回【神の恩寵 主の恵み】講和会

Category: セミナー

今年で3回目となります講和会。今年は新型コロナウィルスにより世界中の日常が激変した一年となりました。光田会長もケイシー療法による感染予防対策の普及に東奔西走され、一人でも多くの方にケイシー先生の福音が届きますようにと頑張ってこられました。
そのようなお忙しいなか今年もお願いいたしました。どうぞ年末の慌ただしい日常から少しご自分を解放してみてくださいませ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここ数年、12月のクリスマスの時期に「神の恩寵、主の恵み」と題する講演会+ささやかなパーティーを開催し、皆さまと共に主イエスの誕生をお祝いして参りましたが、今年は新型コロナの第3波が懸念される状態にあります。そのため、今年はパーティーを取りやめて、光田 秀による講話会のみとすることに致しました。

昨年の今頃、1ミリの千分の1にも満たない極微のウイルスによって、まさか世界がこれ程までに激変しようとは思いもよらないことでした。まことに、神のなさりようの前には、人間の知恵など吹けば飛ぶようなものであります。そういう意味で、この度のコロナ禍は人間の思い上がりに対する神の警告なのかも知れません。

2000年前、地上の荒廃を憂い、神が地に介入されることを願い求める一群の人々がいました。彼らは「エッセネ派」と呼ばれました。彼らは愚直にも、人々が心から祈るなら、神は豊かな恵みをもって答えて下さることを信じていました。彼らの祈りが神の御心にかなった時、地上に主イエスが誕生されました。

エドガー・ケイシーのリーディングは、「神は私たちの祈りに答えて下さる」ことを何度も強調しました。このコロナ禍は、私たちに神に祈ること、主の恵みを求めることの大切さを思い出させようとしているかのようです。

このような時代であればこそ、神の恩寵と主の恵みを祈り求めることの意義をエドガー・ケイシーのリーディングを通して再確認いたしましょう。皆さまのご参加をお待ちしております。

なお、コロナの状況によっては、直前での中止も考えられます。その点についてはご了承下さいませ。

光田 秀

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日時:12月18日金曜日
13時~16時半(12時45分より受付)
◆行政または会場からの指示があれば中止となりますことご了承下さい◆
場所:西宮市内
受講料:6000円
お申込、お問い合わせはこちらから:「お問い合せフォーム」よりご連絡下さい。
お申込み後はgmailでのやり取りになりますので、メール受信可の設定お願いします。
お申込み後、2日以内に必ずご連絡いたしますが、連絡ない場合はお電話下さい。
090-1910-1944 橋本